Vol.153 2020.09.07 気血を高める初秋の薬膳

夏の疲れがでてくる頃です。夏に消耗した気を補い、乾燥しやすくなる肺の潤いを高めます。

うなぎの山かけ丼

IMG_8167

材料 2人分
うなぎの蒲焼き 4~6片
山芋      200g (薄口しょうゆ小1・だし汁大2)
オクラ       4本
大葉         4枚
ごはん    適量

作り方
うなぎは酒をふりかけてレンジで温める。山芋はすりおろして薄口醤油とだし汁と混ぜておく。
オクラは塩ゆでして刻む。
ごはんに山芋、うなぎの順にのせてオクラ、大葉をトッピングする。

れんこん蒸し

IMG_7809

材料 4人分
れんこん   300g (片栗粉 大2 ・ 塩小1/2)
鶏ミンチ   100g (タマネギ1/2個 ・ 塩少々)
しめじ    1/2株
だし汁    2カップ 薄口醤油・塩 少々
ギンナン   適量

作り方

IMG_7807 IMG_7774
①れんこんは皮をむき酢水につけてすりおろし、片栗粉と塩を混ぜる。 ②鶏ミンチとみじん切りにしたタマネギに塩を加えてよく混ぜて4等分し、湯で1分ゆでる
IMG_7813 IMG_8169
ラップに①を広げて鶏だんごを入れて包む ギンナンをのせて蒸し器で8分蒸す

だし汁のなかに、しめじを入れてさっと煮て取り出し、薄口醤油と塩で味を整え、
水溶き片栗粉であんを作る。
蒸し上がったれんこんまんじゅうにあんをかけてしめじを添える。

 

料理こぼれ話
うなぎと山芋は気血を高め、夏バテの回復の助けとなります。
ごはんは大麦や発芽玄米を加えるのもおすすめです。
一方で秋になると早くも乾燥がすすんできます。れんこんは肺に潤いをあたえてくれ、
蒸したれんこんまんじゅうは、もちもちとした食感が楽しめます

もう1品、甘酒&抹茶の飲み物も作ってみました。
抹茶は少量のお湯で溶いて加えてくださいね。

IMG_8168

Copyright © 2021 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770