Vol.151 2020.07.06 「おかいさん」茶がゆの里を訪ねて

~・~茶がゆの故郷吉野へ~・~

皆さんは茶がゆを食べたことがありますか?
茶がゆは奈良のソウルフードで「おかいさん」と呼ばれ、古くから奈良で食されてきました。
食欲がない朝や自律神経がみだれて調子のよくないときにおすすめです。
体を温めて代謝をアップします。
茶がゆの故郷、吉野へ。道の駅「吉野大淀iセンター」で名物の「おかいさん」を購入しました。
もちろん、 コロナ対策でwithマスク!

IMG_7414 IMG_7412
便利なほうじ茶パック「おかいさん」 香ばしい香りとやさしい味わいの茶がゆ

「おかいさん」は茶粥を手軽に作れるティーパック入りの焙じ粉茶です。

ー茶がゆの作り方ー

・まずお鍋でお茶を炊き、冷ましておきます。(ティーパック1つに1.5ℓ~2ℓ)
お米は汚れを落とす程度で軽く水洗いして30分ほどザルに上げておきます。

・お鍋にお米とお茶を入れ、かき混ぜながら強火で沸かします。
炊き始め5分間は焦げ付かないようにかき混ぜます。

・沸いたら火を弱め、コトコトお米が柔らかくなるまで炊きます。
(約30~40分)
・かなり炊きこぼれやすいです。蓋をずらして炊きました。
・炊きあがれば塩をひとつまみ入れて味を調えます。
・夏は冷やして、冷たい茶粥もおすすめです。

※熱いお茶にお米を入れて炊き始めると粒が壊れてしまうので冷ましてから炊きます。

~・~吉野杉の器工房 アップル・ジャック~・~ 

せっかく吉野まで来たので川上村にある吉野杉の工房「アップルジャック」さん(道の駅から30分程)へ行ってみました。山の緑がほんとに美しい!清らかな川の流れに癒されます。大自然はいっぱいですが誰とも出会いませんので密はありません。

この道??ナビではこの辺なんだけど…?
心細くなるような山道から工房に電話をしてみると
「は~い!じゃ、行きますね」
と民家からひょっこりおじさん(小林さんといいます)が現れて、工房に案内してくれました。

IMG_7390 IMG_7388
吉野杉の茶わんの原材料 思いがけず職人技を見せていただくことに

IMG_7400

吉野杉は年輪の目が細かいのが特徴です。
このお茶椀、めちゃくちゃ軽くて気に入り、父の日のプレゼントにしました。
盃は栃の木に漆を塗ってあります。

工房前にあった廃材の板も頂くことになると、
「ほんなら磨いたろ!」
と電動のサウンドペーパー??次に電動のカンナで、あっという間に表面を整えてくれました。
さすが、おみごと!職人技ですね。
工房を訪ねたい方は事前に電話をするのが良いです。

工房アップル・ジャック
http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/09shop/20other_craft/04south_area/applejack/

Copyright © 2020 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770