Vol.135 2019.03.04 桜ときどき歴女★すのまた桜まつり

桜のトンネルがめちゃくちゃキレイ!小さな天守閣と桜の調和がみごと!
河川敷も広々としていて、土手で日向ぼっこをしながらご当地B級グルメを楽しめる。
そんな噂を耳にした編集隊が目指したのは、岐阜県大垣市にある墨俣(すのまた)一夜城址公園・犀川堤です。

いくつかあるルートのうち、編集隊は、名阪国道・天理~亀山~東名阪国道・桑名東で下りて、途中、木曽三川公園(木曽川、長良川、揖斐川)に寄り道をして、すのまたにたどり着きました。

マップ すまた城
青ルートは名神高速を使うので最速 お城に桜はよく似合います

「美濃を制するものは天下を制する」
戦国時代、岐阜県は天下統一の重要な拠点でした。
すのまた城は、織田信長から美濃攻略の前線基地を築く命を受け、木下藤吉郎が一夜にして
築城したという逸話が残り、太閤出世物語の出発点。(諸説あるようです)
現在の天守閣風のお城はレプリカで、大垣市歴史資料館となっています。

出世橋 出世ひょうたん
太閤出世橋 絵馬ならぬ出世ひょうたん

歴史資料館は、展望台から、眼下には美しい桜並木、長良川、金華山をはじめ、
遠く伊吹山、養老山脈なども一望できる絶好のロケーションにあります。
お城の脇を流れる犀川堤は、別名「桜堤」とも呼ばれ、約1,000本のソメイヨシノが織りなす
桜のトンネルは圧巻です。
川沿いに約2キロほど続いています。

tonnneru

出店がいっぱい  桜並木から城をのぞむ
地元B級グルメもある 桜の下の特等席

露店もたくさん並びとても賑やか。これぞ、日本の春、桜まつりの醍醐味ですね。

戦国混ぜそば  ポテト ソフト
戦国まぜソバ あつあつロングポテト 桜ソフト

花見を堪能したら、土手に座ってのんびり日向ぼっこです。
ダンボールで土手すべりをして大はしゃぎをする子ども達を眺めていると、Happyな気分になります。

土手2 土手すべり
桜並木が続く川辺 うまく滑れるかな?

花曇りの天気でしたが春を満喫できた1日でした。(取材は2018年春)

2019年の「すのまた桜まつり」(一夜城址公園・犀川堤でのぼんぼり点灯)

3月25日開花、4月1日満開 の予想がでています。
4月6日はステージイベント・飲食物などのバザー、お茶席などもあり
※桜の状況により期間、日程は変更します。
ホームページをチェックしてお出かけ下さい。
Copyright © 2020 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770