Vol.155 2020.11.02 \最強の85才 RBG/٩(^_^)۶

RBG2020

I ask no favoer for my sex.
All I ask of our brethren is that they take their feet off our necks.

特別な扱いは望みません。 男性のみなさんお願いです。
私たちを踏みつけているその足をどけてください。

映画の冒頭で彼女は静かにこう語り、にっこり微笑みます。
女性の権利発展のために大きく貢献し、司法の最高峰である最高裁判事にまでのぼりつめた、
ルース・ベイダー・ギンズバーグ(通称RBG)判事の物語です。

彼女は幼い頃、母から2つの教えを繰り返し聞かされたそうです。

Be a lady ,  Be a independent

淑女であれの意味は、怒りなどの不毛な感情に流されるなということ
自立せよは、白馬の王子様と会って幸せに暮らすのもいいけれど、自活する力も必要だということ

彼女が17才の時に母は天国に召されてしまいますが、この教えは彼女の心に深く刻まれました。
当時、ハーバードロースクールでは、法律を学ぶ女子学生はわずか2%、男子学生500人に対して女子学生は9人。
ある日、図書室へ向かった彼女は入室を断られてしまいます。
その理由はひとつ、女性だから。学校卒業後も女性の弁護士は必要とされない時代でした。

しかし、彼女の知性と能力を認めて強力にバックアップする、 最愛のパートナーとの出会いが
彼女の人生を大きく飛躍させることになります。
「彼はとてもユーモアのセンスにあふれる人、きまじめな自分をいつも助けてくれた」と。

eiga
彼女は若き弁護士時代には様々な性差別による訴訟に挑み、女性やマイノリティの権利発展に大きく貢献し、アメリカの法を変えてきました。
不当な性差別による賃金格差、男子学生による女子学生の排除などなど。

法廷では、つねに冷静に、的を得た辛辣な反対意見を述べ注目されます。
映画では「彼女の言葉には真実の力と普遍性があった」と同僚が誇らしげに語るシーンもあります。
一方で彼女を「とんでもないヤツだ」と揶揄したり、悪口をいう向きも大勢います。

そうしたなか2013年ニューヨーク大学ロースクールの女子学生が最高裁での彼女の主張や写真を
『ノートリアス RBG (あの悪名高きRBG)』 のタイトルでブログに掲載したのがきっかけで
このニックネームRBGが大ヒットとなりました。
冷静な判断力、上品で凛としたRBGは若い女性をはじめ多くのファンを得ることになります。

映画はドキュメンタリー形式で 本人のコメントや裁判の様子ほか、彼女を取り巻く家族や友人、同僚が語るRBGの魅力、最愛の夫との心温まるエピソードもおりまぜて RBGのオンリーワンな生き方が小気味良いテンポで語られます。  RBG_main300
ガンを患った後もめげずに筋力アップのために トレーニングに励む彼女の姿は感動的でもありました。

can’t spell TRUTH without RUTH

トゥルース(真実)の中にルースあり

1人の女性が、アメリカを変えた。
妻として、母として、働く女性として。

秋の夜長にぜひご覧いただきたい、オススメの映画です!
(アマゾンのレンタル(400円)でも手軽に観ることができました)

Copyright © 2021 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770