バルトリン腺のう胞・バルトリン腺炎

膣に開口する分泌腺がバルトリン腺です。バルトリン腺に細菌が感染し炎症をおこしたものをバルトリン腺炎といい、排泄管の閉塞により腫瘤となった状態をバルトリン腺のう胞といいます。
自覚症状は、外陰部の無痛性/有痛性の腫瘤で気づきます。

治療

治療は、炎症に対して抗生物質の投与を行いますが、腫瘤内部に膿汁を認めたりのう胞が大きい場合は手術療法を行います。手術療法には、のう胞を切開する開窓術や腫瘤そのものを切除する摘出術を行います。

[ 膣・外陰部の異常 ] の記事一覧
Copyright © 2019 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770