B型肝炎ウイルス/C型肝炎ウイルス

B型肝炎やC型肝炎は輸血や出産によって感染しますが、現在の日本における感染実態は、性行為感染症(STD)といえます。日本でエイズパニックがおこっ た時期には、クラミジアや淋病などの性行為感染者が一時的に減りましたが、この際B型肝炎やC型肝炎の感染者も一時的に減少しています。

B型肝炎ウイルスは感染力が強いウイルスです。出産時に母児感染した子供は、見た目には健康でも感染力を持ったキャリアとなります。大人がB型肝炎ウイル スに感染すると、無症状の場合(不顕性感染)もありますが劇症肝炎をおこして死亡する場合もあります。大人の感染では抗体が産生され、肝炎治癒後はキャリ アとはなりません。

C型肝炎ウイルスはB型肝炎ウイルスに比べて感染力は弱いものの感染者の数は多く、感染後は感染時期にかかわらずキャリアとなり将来肝臓ガンを発病する人が少なくありません。

 

検査法と治療法

診断は血液検査を行います。
B型肝炎ウイルスには感染予防の免疫グロブリン製剤やワクチンがあり、現在母児感染対策はマニュアル化されています。
C型肝炎の治療法は、様々な機関で研究されていますが、現在完成された治療法はまだないようです。

Copyright © 2018 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770