便秘の漢方治療

習慣性便秘を現代医療で大別すると、緊張性(痙攣性)便秘と弛緩性便秘に分かれます。緊張性は腹鳴や腹部膨満が強く、症状が顕著で訴えも多いのが特徴です。一方、弛緩性は単に便秘のみで、症状が少ないケースでは比較的長期間排便習慣を忘れて普通に生活し、ふと便秘に気づく程度の場合もあり、女性に多くみられます。

漢方は便秘も得意分野といえます。
緊張性便秘は虚症(虚弱体質)に多く、弛緩性便秘の多くは実証(がっちりタイプ)に当てはまります。
生薬としては、実証の便秘には大黄や芒硝などの植物性あるいは塩類の配合された方剤を用い、虚症の便秘にはそれらを含まない滋潤の剤といわれる地黄や人参(おたねにんじん)などを配合した方剤を用います。

いくつか方剤例を示します。実証の便秘には、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、調胃承気湯(ちょういじょうきとう)、大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などが処方されます。一方虚症の便秘には、八味地黄丸(はちみじおうがん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)などを用いますが、麻子仁丸(ましにんがん)や潤腸湯(じゅんちょうとう)、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)など大黄を含む方剤を虚症の便秘に使用する場合も少なくありません。

Copyright © 2018 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770