6. 性病が心配

『初体験年齢の若年化』や『性の意識』の変化、『性行為感染症(STD)に関する無知』などから、10代〜20代を中心に様々な性病が増加しています。特 にクラミジアや淋病の感染者は明らかに増加しており、社会問題といえます。これらの性行為感染症(STD)を放置すると不妊症の原因になったり、エイズや C型肝炎ウイルス(肝臓ガンの原因)など生命に関わる場合もあります。また、妊娠の危険性も含めて、女性のほうが心身のより大きなダメージを受けやすい事 も忘れてはいけません。

診断法

性行為感染症(STD)の診断には “おりもの検査” や “血液検査” をします。
ただし、エイズやB/C型肝炎ウイルスは、感染しても数週間経たなければ検査で陽性にでません。
詳しくは、クリニックの診療内容  ”性行為感染症” をごらん下さい。

[ こんな症状が心配です ] の記事一覧
Copyright © 2019 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770