膣閉鎖

膣の発生が一部で障害された状態です。軽度の処女膜閉鎖症から、膣欠損症まで程度は様々です。

症状と診断
軽度の膣(処女膜)閉鎖症では、生理の血液が子宮内に貯留するため、思春期以後に定期的に腹痛や腰痛を訴えます。
膣欠損症では子宮の発生異常も多く、思春期以降の原発性無月経で外来を訪れます。

治療法について

軽度の処女膜閉鎖症では、簡単な切開手術ですみます。
膣欠損症では造膣手術が必要ですが、子宮に異常を伴う場合には妊娠が不可能な場合もあり、造膣手術により性交を可能にして患者さんの精神的不具感を癒すことが治療の主眼となります。

[ 膣・外陰部の異常 ] の記事一覧
Copyright © 2019 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770