カンジダ

真菌(カビ)の感染によっておこります。豆腐のカス状の白い帯下(おりもの)が増え、外陰部の掻痒感を伴います。性行為で感染することもありますが、大気 中に浮遊する胞子から自然感染することが多く、風邪をひいて抵抗力が落ちたり、抗生物質を使用している期間、また妊娠中などにはカンジダに感染しやすくな ります。感染者が治療せずに出産すると、新生児に産道感染して皮膚炎などの原因になります。

 

検査法と治療法

診断には膣分泌物の培養検査を行いますが、ほとんどは帯下(おりもの)を見れば分かります。
治療には、抗真菌剤の膣座薬とクリームを併用します。

Copyright © 2018 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770