更年期障害とは

更年期障害は、閉経期の女性に特有の症状で、肩こり・のぼせ・偏頭痛・めまい・耳鳴り・冷え性・不眠やうつなどの精神症状を伴う場合もあります。閉経期の内分泌(ホルモン)異常が原因と考えられます。

日本人の平均的な閉経年齢は約50歳ですが、早い方は40歳前後、遅い方では55歳くらいで閉経します。この時期には、ご主人の定年や子どもの結婚・独立など人生の大きなイベントが重なることも多く、それに伴うストレスも更年期障害を誘発したり、重症化させたりする要因となります。また、性格的に更年期障害を起こしやすい方もいるようです。

これまで、更年期に現れるトラブルは全て更年期障害としてとらえられている傾向がありますが、自律神経失調症が主因のケースも少なくありません。例えば、更年期障害は午前中に気分が重く午後になると好転する傾向がありますが、自律神経失調症では朝より夕方に調子が悪い方が多いようです。更年期障害には複数の要因があることを認識して、ベールを1枚ずつはがしていくことが治療の第一歩です。
更年期の女性すべてに更年期障害が訪れるわけではありません。

 

更年期障害の症状

  • のぼせ
  • 発汗
  • 肩こり/腰痛
  • 動悸
  • 不眠
  • 手足の冷え/しびれ
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 性器の焦燥感/性交痛/性交障害
  • うつ/やる気のなさ
  • 倦怠感
  • 排尿障害/尿失禁
Copyright © 2018 NAKANO SHIRO LADIES CLINIC ,all rights reserved.
〒631-0001 奈良県奈良市北登美ヶ丘5-2-1 / TEL:0742-51-0101 FAX:0742-51-0770